院内保育所&病児保育所!本日オープンです!

 平成29年9月1日、益田赤十字病院院内保育所・益田市病児保育事業所がオープンしました!
院内保育所は、医師、看護師などの、夜間勤務を行う職員の子育てを支援するため、週に1度、夜間保育(24時間保育)を実施するほか、一時保育や延長保育などの保育ニーズにも対応します。このことにより、職員の確保、定着が促進されることを期待しています。
 また、院内保育所には、益田市が運営する病児・病後児専用の保育室も併設されます。病院が隣接していることで、熱性けいれんなどの急変時の迅速な対応も可能になり、地域の皆様に安心して利用していただけると考えています。
 当院は今後も、医療・患者サービスの向上と地域社会への貢献に努めて参りますので、よろしくお願いいたします。
くすだま割り圧縮
8月22日(火)の開所式にてテープカットを行う
(写真左から)大賀満成議員、佐々木惠二議員、青木副院長、山本市長、永見おしえ議員。
天気も良好で、無事に式を終えることができました!

お子さん積み木
今日は積み木で遊んだね!開所初日で緊張もあったと思いますが、これからも元気いっぱい遊んでね!

益田水郷祭翌日の清掃活動

 平成29年8月5日(土)に益田水郷祭がありました。台風の接近で、天気が心配でしたが、当日は多くのお客さんで賑わい、夏の夜空は、きれいな花火で彩られていました。 IMG_4920.jpgIMG_4923改
 翌日の朝6時からは高津川河川敷にて水郷祭後の毎年恒例の清掃活動を行いました。今年全国で初めて益田市が39度超えを記録するなど、猛暑が続く中、病院の職員やその家族からボランティアを募ったところ、総勢30人の仲間が集まりました。
 今年で8年目の清掃活動となりますが、地域との結びつきを深めるため、継続して行っていきたいと思います。IMG_4856改2
IMG_4863改
IMG_4903改
IMG_4885改
IMG_4913改

合唱団ななおロビーコンサート

DSCF0408.jpg
7月30日(日)14時より益田高校OB等で結成されている、合唱団ななおさんのロビーコンサートが行われました。大人のムードたっぷりの歌謡曲から懐かしい童謡まで集まった皆さんが楽しんでおられました。

災害看護論の研修が行われました

6月22日(木)、23日(金)の2日間で、「災害看護論」の研修が行われました。
この「災害看護論」という研修は、赤十字の活動の一つである「災害救護」の業務にあたる、看護師・職員を養成するための研修の一つです。当院は赤十字病院であり、地域の災害拠点病院でもあります。災害時に業務にあたる上で必要な知識や技術を、2日掛けて学ぶ研修です。日本赤十字社島根県支部より2名の方が講師として来て下さいました。
6月でもあり、屋外での実技を行う研修なので天候も心配していましたが、良すぎるくらいの好天の中で行うことができました。
1日目は座学中心で、災害時に赤十字が活動する根拠を国際的な法律や国内の法律などから紐解きました。また実際にH23年の東日本大震災・昨年の熊本地震に救護班として出動した看護師長から災害看護についてのお話を聞き、災害時のこころのケアについても学びました。
2日目は実技中心で、避難所や救護所の設営やテントを建てる実習、炊き出し、患者さんの搬送や手当の仕方、無線の使い方などについて体験的に学びました。3写真のテントは日本赤十字社看護師同方会島根県支部より寄贈
4
今回の研修は、当院入職1年目の職員と卒後3年目の看護師と希望者が受講しました。災害救護に必要な知識・技術はたくさんあるので2日間の研修ですべて網羅することはできません。
これからもこの研修も含めた災害救護に関する研修や訓練を通して、万が一の時に赤十字病院の職員として役割が果たせるようにしていきたいです。




グラントワ・ユース・コール日赤ロビーコンサート

P1140513.jpg
7月2日(日)今年も恒例となっています、広兼先生が率いるグラントワ・ユース・コールの皆さんが来られました。「365日の紙飛行機」など全5曲を力いっぱい歌っていただき、その歌声はロビーいっぱいに響き渡りました。

プロフィール

益田赤十字病院

Author:益田赤十字病院
島根県益田市にある赤十字病院です

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

FC2カウンター

QRコード

QR