中国ブロックDMAT実動訓練&院内災害対応訓練

 11月12日(土)、院内災害対応訓練を実施しました。
 今年は「中国ブロックDMAT実動訓練」が島根県西部を中心として行われ、それに併せて院内の「災害対応訓練」を計画し、中国ブロックDMATとの協働訓練を実施することができました。
また、保健所や県庁も訓練に参加することから、院内の災害対策本部の訓練も行いました。

 訓練想定は、朝5時に浜田島根県西部の浜田市沿岸断層及び島根県東部の宍道湖南方断層による連動型地震が発生(マグニチュードは共に7.3)した想定で、多数傷病者受け入れの準備を開始しました。
 
一足早く立ち上がったDMAT活動拠点本部。
kunren1_convert.jpg

10時20分、傷病者受け入れ開始。
kunren2_convert.jpg
重症患者を受け入れる赤エリアは、すぐに患者さんで一杯になり、人手不足となりました。
何度もミーティングを行って、意思統一と役割分担を確認します。

人手が足りない赤エリアに、DMAT隊(緑色や青色の救護服を着ているスタッフ)が投入されました。
当院スタッフとDMATの協働がスタートしました。
傷病者役は石見高等看護学院の生徒さんに協力していただきました。本当に”感謝”です。
kunren3-4_convert.jpg


当院で対応できそうにない重症患者を、一刻も早く被災地域外の対応できる医療機関へ搬送(広域搬送)するために、防災ヘリを使って搬送します。ここでもDMATのみなさんに協力してもらいます。今回の訓練では、2人の傷病者を防災ヘリで搬送しました。
kunren5-6_convert.jpg

また、院内災害対策本部も立ち上げ訓練を行いました。
院長を始め、副院長・看護部長・事務部の部課長が集まります。
今回は、Webカメラを使って傷病者を受け入れるエリアの様子をモニターしながら、本部での活動を行いました。
kunren7-9_convert.jpg

最後に本部で作成した記者会見原稿を院長が読み上げ、訓練は終了となりました。
kunren8_convert.jpg

振り返りの際に参加者から出された意見は、どれも核心を突くもので、この訓練を通して職員が体験できたことの大きさを感じさせられました。
これからも、毎年院内災害対応訓練を行い、災害時にこの圏域の医療を守れるよう、職員の意識と技術を高めていきたいです。




益田赤十字病院新築工事 竣工記念式典

 11月13日(日)に竣工記念式典を行いました。当日天候を心配していましたが、式典にふさわしく晴天に恵まれました。三笠宮崇仁親王がご逝去され近衛社長が欠席となりましたが、本社からは富田医療推進事業本部長、島根県支部長の溝口県知事をはじめとする約90名が出席されました。

式典では木谷院長が、新病院建設にあたり支援いただいた島根県、益田市並びに大学病院などの関係各位に感謝の意を表され、「職員一同、こころを新たにし、諸先輩方が築き上げ守り続けたこの圏域医療を、これからも将来に渡って持続できますように、一層の精進に励みます」と挨拶しました。

新病院になり、益田圏域の中核病院として、また赤十字病院としての使命を自覚し、市民のみなさんに親しまれる病院を目指します。

竣工式

本社 富田医療推進事業本部長より挨拶。
竣工式

日本赤十字社島根県支部長 溝口知事より建設関係者に感謝状を贈呈。
竣工式

木谷院長より関係者に感謝を伝えました。
竣工式

新病院記念植栽

新病院駐車場の完成前の平成28年10月24日に、「園児が植えた花を見て患者さまに少しでも元気になっていただく」、「植物への愛着や地元への意識を高く持てる」を祈り、新病院駐車場にある花壇に約2,000本のガザニアンの植え付けを行いました。

当日は、天候を心配しましたが、晴天に恵まれ雪舟保育園の先生4人、年長の子供たち14人、ハートランドの森からやってきた日本赤十字社マスコットキャラクターであるハートラちゃん、1年目の研修医4人で、笑顔いっぱい、元気いっぱいで植えました。

ガザニアンの花言葉の中には、「笑顔で答える」「身近な愛」などがあります。
この花言葉とおり、笑顔で愛のあふれる病院へしてきたいと思います。


雪舟保育園のこどもたちとごあいさつ
DSC_0449_植栽

DSC_0450_植栽

こどもたちと研修医の先生の共同作業(ハートラちゃんが後ろから見守ります)
DSC_0455_植栽

植え方を習うとこどもたちは次々とお花を植えてくれました
DSC_0463_植栽

DSC_0457_植栽

最後に植えたお花と記念撮影
DSC_0474_植栽

新病院をバックに記念撮影
DSC_0479_植栽

ソフトボールナイターリーグ最終戦

プロ野球では、セントラルが広島東洋カープ、パリーグは日本ハムファイターズが優勝し、日本シリーズの開幕が翌日になるなか、当院野球部は、ソフトボールナイターリーグ最終戦を向かえ、現在4戦を終え2勝2敗で勝ち越しをかけた試合へ向かいました。

 最終戦は、高知での研修を終え益田に帰ってきたK研修医も参加し、いろいろな事情で、参加人数も少なく内野手がいないので、左投げのK研修医にショートをお願いし、試合開始。
白熱の試合になるかと?・・・・・・・いざ始まると14対7で勝ち。

 今シーズンは、好プレーや珍プレーありのソフトボールナイターリーグでしたが、怪我もなく全員無事にシーズンが終了しました。来年は、ソフトボールナイターリーグには参加しませんが、頑張っていきますので、応援のほどよろしくお願いします。
image3_20161024090836342.jpg
image2_20161024090835d91.jpg
image2s_20161024090833e20.jpg

屋上ヘリポートを緊急使用

 本日、当院へ救急搬送された患者様を、島根大学医学部附属病院へ救急搬送することになり、運用を開始前の屋上ヘリポートを緊急で使用し、無事患者様をヘドクターヘリで大学病院へ搬送しました。
 今までは、病院から自動車で10分くらいかかる空港に離着陸していましたが、11月の運用開始からは、病院屋上にあるヘリポートが使用できます。
 近隣のみなさまには、大きな騒音になると思いますが、今までより早い診療が可能になり、また災害医療においても大きな力となりますので、ご理解のほどよろしくお願いします。


南西よりヘリコプターが近づいてきました。
ヘリポート

病院上空、ヘリポートに近づきます。
ヘリポート

もうすぐ着陸です。
ヘリポート

無事に着陸。
ヘリポート

患者さんを載せて、大学病院へ飛び立ちました。
ヘリポート

患者さんの早い回復を願います。
ヘリポート

プロフィール

益田赤十字病院

Author:益田赤十字病院
島根県益田市にある赤十字病院です

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

フリーエリア

FC2カウンター

QRコード

QR