FC2ブログ

固定チームナーシング研究集会 第18回島根地方会

固定チームナーシング推進委員会です。
6月27日(土)に固定チームナーシング研究会 第18回島根地方会を
当院で開催しました。
県内外の8施設から130名(看護師・助産師・介護士)の参加が
ありました。

今回のテーマは
「固定チームナーシングがあなたの看護を支える
~患者のよりよい変化をめざすチーム活動~」です。

テーマに則り、4施設の取り組みを発表し、会場との意見交換を
行いました。

事例発表

続いて、西元先生の講演です。
「看護を取り巻く状況の変化と固定チームナーシングのめざすもの」
という演題で基本に沿った内容でした。
固定チームナーシングの運営方法、現状をデータで読みとるデータ化、小集団活動のすすめ方など、施設の取り組み内容を折り込み、
細やかに示唆し、参加者は理解を深める事が出来ました。

講演

昼食時には、花王によるランチョンセミナーを昼食会場で
催しました。紙オムツの使い方、介護用新製品の紹介等が
ありました。

午後は、グループワークです。
島根地方会は、開催当初からグループワークを大切にし、
継続しています。
グループは5~6名で構成し、20グループとしました。
参加者それぞれの役割(管理者・リーダー・スタッフ・介護職など)で
グループとなり、話し合いのテーマを事前アンケートから抽出し、
輪の中心に見える化して話し合いが始まりました。
互いを知り、問題解決の手がかりを話し合いで見つけ、自分の施設で
どのように行動化するかを自分で考えるという方法です。

グループで解決しなかった内容は、全体討議として提案します。
提出されたカードは、杉野先生の見事な進行と西元先生のアドバイスで解決の糸口へと繋ぐ事ができました。


グループワーク

参加者の声より、
「他施設の活動状況を聞き、自分の悩みが解決できた」
「今後もグループワークを継続して欲しい」
「今回学んだことを明日から実践したい」
「たくさんの元気をもらった」など、嬉しいご意見を頂きました。
開催に至るまでには、沢山の方々のご協力・ご提案・ご意見を頂き、
ありがとうございました。

H26年度 固定チームナーシング取り組み発表

こんにちは、看護部固定チームナーシング推進委員会です。
2月14日に平成26年度固定チームナーシング取り組み発表を
行いました。

今年度はポスターセッション11題、口頭発表6題が発表されました。

ポスター2


ポスター見学2




「切迫早産患者の療養生活支援にピヨママタイムと名付けた
活動の実際」や
「神経内科病棟チームで15分間勉強会を実施した取り組み」
「ADL低下予防のため段階的離床表を用いた取り組み」など
年間のチーム目標に基づいた小集団活動の情報交換を
行いました。

ポスター見学1


口頭発表

自由な質問と意見交換を行い、和気あいあいと楽しく、有意義な
交流の場となりました。

最後に推進委員より、固定チームナーシングの基本や目標立案について講義を行いました。
「来年度の目標立案や取り組みに活かしたい」という意欲的な声が
聞かれました。


島田師長

委員会では、このほかリーダーシップ研修、リーダー研修などを毎年
企画・運営しています。
またH27年6月27日(土)には第18回固定チームナーシング島根地方会が当院で開催されます。
テーマは
「固定チームナーシングがあなたの看護を支える
~患者のより良い変化を目指すチーム活動~」です。
西元勝子先生の基調講演や参加施設の事例発表などを
予定しています。
たくさんの方々の参加をお待ちしています。

固定チームナーシング リーダーシップ研修


看護部固定チームナーシング推進委員会です
だんだん暑くなってきましたね。少し前の寒さがなつかしいようです

先日は島根県でも、出雲大社に縁のおめでたいニュースがありましたね。
島根県は今年もにぎやかな良い年になりそうですね。

出雲大社

少し前になりますが、5月13日にリーダーシップ研修を開催しました。
今回のテーマは小集団活動です。
研修目的は、チーム目標に向けての小集団活動やその中での役割が
遂行でき、目標に達成に向けて活動できる力を養うことです。
各部署の小集団活動のリーダーを中心に26人が参加しました。
推進委員から固定チームナーシングと小集団活動の基本について講義を
受けた後、グループワークで自分の所属するチームの小集団活動の計画や
内容について迷っていること、悩んでいることなどを話し合いました。
各グループで話し合ったことを発表し、全体で意見交換しました。
みなさん、今回は活発な話し合いができ、もやもやしたものがすっきりしたようです。
講義で使用した固定チームナーシングや目標、小集団活動についての資料です。


kotei 小


参考にしてください

固定チームナーシング推進委員会では、今年も様々な研修を予定していますので、報告したいと思います。

H26年度 固定チームナーシング取り組み発表

固定チームナーシング推進委員会です。
2月22日に取り組み発表会を春の花が咲く中、開催しました。


桃の花


今年も各部署のリーダーを中心として1年間一生懸命取り組んだ
結果が発表されました。

まず示説発表(ポスターセッション)10題の発表を行いました。
みなさん関連する発表や興味のある発表に参加し、発表者や参加者で
盛んに情報交換や意見交換をしました。
自由に和気あいあいと活気のある話し合いを行いました。

示説発表

口頭発表では、みなさんパワーポイントの技術も向上して、とても
素晴らしい発表が7題発表されました。
発表の中では3年連続チームリーダーを担当した参加者から
リーダー観を聞くことができ、リーダー、サブリーダーの皆さんも
共感することもありました。

口頭発表

今年は昨年よりたくさんの口頭発表があったので、いろんな発表から
取り組み内容が聞かれ、勉強になったことや参考にしたいことも
たくさんありました。
みなさん、今後に活かしていきたいと言う感想が多かったです。

発表後に推進委員長から「推進委員会からの情報提供」として、
当院の固定チームナーシングについて、小集団活動やワークシート等の
情報についてなど講演がありました。
みなさんとても勉強になった、今後のチーム活動に役立つと感想がありました。
チームのみんなに聞いて欲しいと熱望されました。

島田師長

最後に看護部長から感想等をいただき、終了しました。

各部署の取り組みを聞くことはチームや自分の看護にもとてもよい経験や
勉強になります。
今年もたくさんの方が参加していただけましたが、より若い人も聞きに
来られると、知識や看護観の構築にもつながると思います。
来年度もぜひたくさんの方に参加していただきたいと思います。

最後に今年も各部署のリーダー、サブリーダーの皆さん、
1年間大変お疲れ様でした。
来年度のリーダー、サブリーダーさん、みんなで協力していきますので、
頑張りましょう。

リーダー研修

看護部固定チームナーシング推進委員会です。
少し前になりますが、10月26日にリーダー研修を開催しました。
28名の皆さんが参加されました。

リーダー研修は、各チームの目標を中間で評価して課題を明確にし、
後半のチーム活動への鋭気を養うことを目的とした研修です。

リーダー研修①


今年度は昨年度までとは企画を変えて行いました。
頑張っているリーダー、サブリーダーさんひとりひとりにねぎらいと
感謝とエールを送りました。
これは研修まで内緒ですすめていたので、参加された方は
サプライズプレゼントになりました。
びっくりされたり、照れくさそうにされたり、いろんな顔が見られました。
これからのチーム活動への「パワー」になってもらえたらうれしいです


リーダー研修②

次にグループワークを行いました。今チーム活動で困っていること、
悩んでいることなどをみんなで話し合いました。
討議したいことは前に貼り出して、全体討議で話し合いました。
それぞれの気持ちや悩みを打ち明け合ったり、愚痴を言ったりなどして
グループワーク終了後は、気持ちも楽になったり、少しはストレスも
解消されたのではないでしょうか。


リーダー研修③


全体討議は張り出された問題を5つの項目に分け、みんなで話し合いました。
推進委員や経験豊富な師長や看護部からの助言やアドバイスを受けました。
話し合った内容は各チームにも共通していることも多く、皆さんの悩みの
解決にも繋がったと思います。

リーダー研修④


今回の研修が頑張っているリーダーやサブリーダーさんにとって
ホッとひといきの場になり、後半の頑張りに役立てられたらうれしいです。
来年度も目の前になり、活動もあと半分近くですが、後半も
目標達成に向けて頑張りましょう。
参加されたみなさんお疲れ様でした。

プロフィール

益田赤十字病院

Author:益田赤十字病院
島根県益田市にある赤十字病院です

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

フリーエリア

FC2カウンター

QRコード

QR