FC2ブログ

木谷光博新院長あいさつ

この4月から院長を拝命した木谷といいます。

私は、昭和57年島根医科大学卒業後に第三内科(恒松徳五郎教授)に入局し、小林祥泰先生(現島根大学学長)に神経内科の指導を受けました。昭和63年から平成2年まで脊髄炎(四肢まひ)で入院・リハビリをしていました。現在も運動などは出来ませんが、入院期間中にさまざまな事を考えることができました。

大学卒業後は大学院に入学し研究に魅力を感じておりました。出来うれば大学での研究生活を希望していました。しかし、入院期間中に医師にしかできない仕事は何かとずっと考え続け、研究は医師でなくてもできるし、むしろ精緻な研究は医師には向かないのではないかと思い、やはり患者と対面してこそ医師ではないかとの考えに至りました。

大学に復帰後は直ちに病院勤務を希望し、当院に平成3年に希望をもって赴任しました。当院赴任後は優秀な部下にも恵まれ臨床医として幸福な日々を送らせていただきました。平成12年に当院は医療事故の多発・経営の赤字化という危機的な状況に陥り、副院長に任命されました。

その後、今回心ならずも管理者となってしまいました。当院が益田二次医療圏(人口約6万人)の急性期医療の大部分の責任を担っており、これからは自分の診療科の事だけでなく地域全体の医療の事も考えていかなければと思っております。

今後の医療は人材(財)集約事業になっていきます。当院では人の育成を第一に考え、また赤十字精神 人道・公平・中立・独立・奉仕・単一・世界性を持って病院の運営にあたりたいと思っています。

医療に夢を持って仕事を一緒に頑張りませんか。


院長あいさつ

プロフィール

益田赤十字病院

Author:益田赤十字病院
島根県益田市にある赤十字病院です

カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

フリーエリア

FC2カウンター

QRコード

QR