FC2ブログ

中西小学校5年生社会科見学

総務課のナガフジです。

2月12日、中西小学校の5年生14名が、「地域と情報」という授業の中で、病院での情報の電子化や、情報ネットワークについて調べたいとの事で、社会科見学に来院されました。
…最近の小学生は難しいことを勉強するんですね(^_^;)

まずは、益田赤十字病院がどんな病院なのか、病院ではどのような情報を扱っているかなどについて、簡単にオリエンテーションを行いました。
みんな真剣にメモを取りながら聞いていました。
メモ

次に、色々なシステム間で情報がやりとりされている様子を、見たり触れたりしながら感じてもらおうと思い、外来患者さんの動線に沿って院内を見学してもらいました。

まずは再来受付機に診察券を入れて受診受付。
受付機

次に診察室に行って、電子カルテの見学。
耳鼻科2

普段は診察室の中をうろうろできないので、色々気になったようです。
耳鼻科1

電子カルテで検査をオーダーする様子を見学した後、ファイルを持って検査室へ。
検査1

検査窓口で受付すると自動でスピッツが発行される様子を見学し、スピッツに貼付されているバーコードを読み取って到着確認。採血をした事にして診察室に戻ります。
検査2

診察室の電子カルテ上で検査の進捗状況や検査結果が確認できる事、検査結果をその場で紙に印刷して患者さんにお渡しできる事を見学して、診察後の精算へ。

受付でファイルを渡して会計待ち番号を受け取ったら、普段は入る事の無い医事課の中で計算の様子を見学です。
受付

電子カルテでオーダーされた検査内容が、医事会計システムにも取り込まれる様子を見学しました。
昔は紙の伝票に書かれた内容を、1つ1つ手で入力していましたが、今はオーダリングシステムでオーダーできる内容は医事会計システムに取り込んで自動計算されるので、会計の待ち時間も大幅に短縮されました。
医事課

そして計算が終わったら自動精算機でお支払い。
受付で受け取った待ち番号が表示されたら支払いできます。
今回はもちろん支払いは無いのですが、0円の領収書が出るように細工をして、体験してもらいました。
精算機


次は希望のあったサーバーの見学をした後、事前にもらっていた質問に答えながら病院の情報システムについてちょっと詳しい説明の時間です。その場でも何人か手を挙げて質問がありました。
質問


そして最後は、2部屋に分かれてTV会議システムを実際に体験してもらいました。
遠隔医療システムはこの日は体験してもらえなかったので、それに代わるものとして準備してみました。
これが一番面白かったようで、説明しようと思っても収拾がつかなくなってきたので、説明は断念して終了しました。
TV1
TV2
TV3

約1時間半の見学の時間でしたが、中高生の見学や医療体験は毎年受け入れているものの、小学生の社会科見学は初めて、しかも情報システムの見学という事で、どういう内容にしようか、小学生にどこまでどんな風に説明したら分かりやすいだろうかなど、色々悩みながら内容を考えました。
各部署のみなさんにも快く協力していただき、無事に終える事ができました。
児童の皆さんが情報システムというものについてどのように感じ、どの程度理解してもらえたか分かりませんが、情報が色々な所で共有されているという事を感じてもらえて、楽しんでもらえたならいいなぁと思います。

コメント

非公開コメント

プロフィール

益田赤十字病院

Author:益田赤十字病院
島根県益田市にある赤十字病院です

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

フリーエリア

FC2カウンター

QRコード

QR