FC2ブログ

『みんなで知って、みんなで守ろう!益田の医療』

岡本Dr①

6月8日(水)、当院にて基調講演・シンポジウム『みんなで知って、みんなで守ろう!益田の医療』が開催されました。
第一部では、当院の内科医、岡本医師の発表で、益田圏域の医師不足にともなう、医療従事者の過酷な勤務の現状を真面目に、時に笑い話を交えながら伝えられました。

「リポビタンDで何とか働いていた当直明けも、今はゼナでないと体がもたない」

と岡本医師。さらに益田赤十字病院では、
・医師数が減少している
・医師が高齢化している
・若い医師が少なくなっている
・医師の負担が以前より明らかに増えている(50歳以下の中堅医師は救急外来業務、当直業務、当直回数は10年前の1.5倍~2倍)
と自らの実感と実体験に基づいて語りました。岡本医師は10年後の医師不足は深刻なものになると予測しています。
現在、当院では積極的に臨床研修医制度により多くの研修医に来ていただけるように努力しています。

会場

研修医①

当院にいる、研修医7名の紹介コーナー。ひとりひとり自己紹介していただきました。
この後、研修医がスライド発表をしました。熊本地震災害での活動報告や、休日の過ごしかた、益田で巡った好きなスポット、趣味、当院の自作PRムービーなど、引き込まれる話、面白い内容が盛りだくさんで、写真を撮るのも忘れてしまうほどでした。


シンポジ

第二部ではパネリストに益田市民の方二名を交え、シンポジウムが行われました。自身の出産体験をお持ちの方は、当時、手厚い看護を受けたことや、24時間体制の医療が充実していて安心だったこと、これからもそのような病院であり続けるように応援していると話していただきました。また、ヘルニアを持ちながらも水泳を頑張っている高校生の方は、当院で治療を受けながら大好きな水泳をこれからも続けたいと語っておられました。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

益田赤十字病院

Author:益田赤十字病院
島根県益田市にある赤十字病院です

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

フリーエリア

FC2カウンター

QRコード

QR