FC2ブログ

山陰救急医学会を開催しました

8月26日(土) 島根芸術文化センターグラントワにて、当院幹事により、第36回山陰救急医学会が開催されました。(参加人数:157名)
カットP1040724
 今回は、「地域で災害対応を考える」 をテーマに救急医療、救急看護、救急活動など様々な視点から、症例検討をしていただきました。
 熊本赤十字病院の奥本先生による、特別講演「平成28年熊本地震で回した多数傷病者受入対応のPDCAサイクル」では、熊本地震において、DMATの拠点病院となった熊本赤十字病院の貴重な体験談がありました。その中では、全国から多数のDMATが集結し、指示の依頼や通信手段やプリンターなどの依頼に振り回され、収集がつかなくなったこと。また、そのDMATの依頼の後方支援をする、ロジスティックという組織があり、助けられたことと、その組織を初めて知ったことなど、大変参考になるお話をしていただき、地域での災害対応のあり方を改めて認識させられました。

 何かといたらない点もあったかと思いますが、講演していただいた先生方と多くの参加者の方々に感謝申し上げます。
次の山陰救急医学会は平成30年9月8日(土)、鳥取とりぎん文化会館にて行われます。みなさんぜひご参加よろしくお願いします!

コメント

非公開コメント

プロフィール

益田赤十字病院

Author:益田赤十字病院
島根県益田市にある赤十字病院です

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

フリーエリア

FC2カウンター

QRコード

QR