FC2ブログ

救護班第1班が災害救護活動より帰還しました

広島県安芸郡坂町立小屋浦小学校避難所へ7月11日(水)より派遣された
益田赤十字病院救護班第1班が14日(土)に任務を終え、無事に帰還しました。
小屋浦小学校と隣のふれあいセンターには300名を超える被災者が避難しており、
救護班は小学校の保健室に設置された救護所にて4日間で227名の傷病者を手当てしました。
電気は、かろうじて通じていましたが、土砂による環境悪化、断水などによる不便さから不安を訴える被災者のため、夜間も最後まで救護所に常駐し、診察に当たりました。
P1130223_convert_20180720110432_convert_20180720112827.jpg
また、避難された方の感染症予防のため、必要に応じて床や仮設トイレなどの清掃を実施し、
診察時に補給された物資のOS-1の配布なども適宜行いました。
4日目には、近隣の町営集会所より巡回診療の依頼を受け看護師を派遣し、
血圧の測定や水分補給の指導をしました。
その後、救護班は広島原爆・赤十字病院の救護班へ引継ぎを行い無事に帰還しました。
P1130281_convert_20180720105605.jpg

コメント

非公開コメント

プロフィール

益田赤十字病院

Author:益田赤十字病院
島根県益田市にある赤十字病院です

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

フリーエリア

FC2カウンター

QRコード

QR