FC2ブログ

令和元年度 災害時対応訓練を実施しました

12月8日(日)に災害対応訓練を行いました。

災害からいのちを守り、被災した人々の苦痛を軽減するために災害対応活動を行うことは、日本赤十字社の使命のひとつです。また、益田赤十字病院は、災害発生時に災害医療を行う災害拠点病院に指定されています。

今回は、大規模な災害時に迅速的確に対応できる体制を確立し、職員の初動体制および危機管理を目的とした訓練を行いました。

訓練の想定は、鹿足郡津和野町付近を震源とする震度6強地震により負傷した患者が多数来院するというものです。

次々と運ばれてくる負傷者をトリアージ(負傷者の重症度に応じて治療優先度を決めること)し、重傷度ごとに赤・黄・緑の各エリアへ搬送します。
P1170592_convert_20191209105709.jpg
P1170625_convert_20191209105857.jpg
P1170623_convert_20191209120736.jpg

2階の事務室には、災害対策本部を立ち上げ情報を収集します。PHS、衛星電話、電子カルテ等を使用して収集された情報はホワイトボードに書き出し共有し、患者の手術や入院、ドクターヘリによる転院搬送などの対応をしました。
P1170568_convert_20191209104519.jpg
DSC_5660_convert_20191209104308.jpg

参加者からは、「いざ災害が起きた時、自分は部署はどう動くか、自分が出勤でない想定なども考えていく必要があると思った。」「繰り返し訓練を行うことで自分の役割や課題がみえてくるので、今後も訓練をして災害時に実践できるようにしていきたい。」など感想がありました。

今回は、松江赤十字病院の佐藤先生と島根大学医学部附属病院の日下先生から講評をいただきました。
他院の緑エリアの設置に関することや普段の人間関係が災害時に影響をもたらすことなどお話しいただきました。
P1170528_convert_20191209110816.jpg
また、石見高等看護学院の学生さんに負傷者役として訓練にご協力いただきました。ありがとうございました。
DSC_5702_convert_20191209104353.jpg
毎年恒例の訓練となっており、参加者が自分の役割を確認し、有事の際に備える良い機会となっています。
引き続き訓練を行い、備えていきます。

コメント

非公開コメント

プロフィール

益田赤十字病院

Author:益田赤十字病院
島根県益田市にある赤十字病院です

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

フリーエリア

FC2カウンター

QRコード

QR